会社分割か、事業譲渡か

ご飯を箸で食べるかフォークで食べるかの違い

 

会社分割(新設)  大きい会社

・契約等の引継が原則

・不動産関係の減税

 (免許税、取得税)

・設立にかかる資本金

・登記簿に掲載される

・時間を作れる

・一部の許認可引継ぎ

 

事業譲渡  小規模会社

・契約が切れるが原則

 (雇用、賃貸借)→退職金必要

・消費税の免除期間がある 1000万円未満 2年間

・新設会社対象の融資

・事業譲渡に消費税要

・一気に決着がつく

 (詐害行為に注意)→適性な対価が必要→評価が困難

  ↓

 資本金1,000万円未満なら2年間基準

 

 

 

 

経過の観察と修正

本当の再建スタート

通常の資金調達はしばらく困難

債務以外の問題を解決する必要がある

・経理がずさんで数字が見えない

・ビジネスが利益を出せない構造になっている

・スタッフのモチベーションが下がっている・・・など

企業再建


上記についてアドバイスを希望していませんか?
まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

企業再建