中小企業の倒産の原因は社内にある!

2008年の原因別倒産状況

1位 販売不振    65.2% 必要売上高が上がらず、

                              資金繰りのリスクを考慮

                              できなかった

2位 既往のしわよせ 10.3% 業績の悪化に注視せず、

                              具体的な財務状況も理解

                              せず事業を継続した

3位 連鎖倒産     7.7% 特定の得意先に売上を依

                              存した

4位 過小資本     7.3% 自己資本の充実に努めな

                              かった

5位 放漫経営     6.3% ずさんな経理や本業以外

                              への出費

6位 設備投資過大    1.1% 採算無視の設備投資

7位 信用性の低下   0.6% 金融機関や取引先から絶

                              縁

8位 売掛金回収難   0.5% 債権回収を怠った

9位 在庫状態の悪化  0.1% 過剰な在庫で資金繰り行

                              詰り

10位 その他      0.9%

 

上記のとおり、連鎖倒産を除くと社内的な原因がほとんど

です。

原因を社外に求めると、倒産の根本的な原因から眼をそら

し、解決は困難になります。社内に眼を向け、改革・改善

に努める意欲が必要です。

会社を取り巻く外部環境を自社で変えることは、どんな大

企業でも不可能ですが、会社そのものを外部環境に応じ

てかえること→経営の革新・改善は可能だということで

す。

 

会社が倒産したと明確になる時=「不渡り」を出した時 

(6か月間に2回、手形・小切手の不渡り→銀行取引停止

処分)

資金繰りの失敗→必要な資金を調達できなかった結果で

す。

 

黒字倒産=「勘定合って銭足らず」

 いかに決算書で黒字を計上しても、現金等の不足から支

 払に支障が生じ、「不渡り」を出すこと。

 ヒト、モノ、情報、技術に関する先見性はあっても、カ

 ネ=資金繰りにおける先見性に欠け、成り行き任せる経

 営の結果発生する状態です。

 

  黒字倒産に陥らないために資金繰り表を活用し収入・支

 出のバランスと手元に残っている現預金をしっかり把握

 することが経営者に求められます。

 

 

 

 

企業再建


上記についてアドバイスを希望していませんか?
まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。

企業再建